永仁3年10月、親鸞聖人の曾孫、覚如上人によって親鸞聖人のみ教えや生涯 を後世に伝える為、「親鸞聖人伝絵」(「御伝鈔」「御絵伝」)が書かれた。 法然上人と出遇い念仏に一生を捧げた親鸞聖人。 「御絵伝」一幅目・二幅目・三幅目・四幅目の場面解説も収録しています。

すねいるホームページ

ダウンロード

すねいるyoutube

範浄文雄師のCDについて

消費税表示と送料のご案内

クレジットカード

ホーム | DVD寺院用教化教材 > 祖師賛仰DVD 『親鸞伝』 2巻セット
商品詳細

DVD 『親鸞伝』 2巻セット[set3]

販売価格: 16,000円 (税別)
サイズ: 168
数量:

DVD 親鸞伝 上巻・下巻 本願寺聖人 御伝鈔より 収録時間40分/47分

本願寺第三世覚如上人(かくにょしょうにん)の御伝鈔(ごえでん)を脚色した『親鸞伝』は、御絵伝四幅(ぷく)を中心に小早川好古画伯の絵画を追加し、親鸞聖人の生涯をわかりやすく描きました。
また、ロケーションの幽玄(ゆうげん)な情景は親鸞聖人の生きざまに厚みが加わっています。


親鸞伝(上巻)は『御絵伝(ごえでん)』一幅から二幅目までの物語。
比叡山で聖道(しょうどう)の修業を積んでも生死解脱(しょうじげだつ)の道が得られないという苦悩を乗り越え、 聖徳太子の指示により、法然上人(ほうねん)のもとで雑行(ぞうぎょう)を棄て本願に帰依(きえ)した親鸞聖人をドラマチックに描きました。
本編の最後に「御絵伝」一幅目・二幅目の絵解(えと)き解説を収録。


親鸞伝(下巻)は「御絵伝(ごえでん)」三幅から四幅目までの解説。
親鸞聖人は配流(はいる)の地、越後で自らを振りかえり「愚禿(ぐとく)」と名のりました。その後、稲田の地を拠点としてひたすら真の道を求め、念仏のみ教えを多くの人々に広め京都に帰ってきました。
本編の最後に「御絵伝」三幅目・四幅目の絵解き解説を収録。


親鸞伝(上巻) 本願寺聖人 -御伝鈔より-
絵/小早川好古・橘昭信  声/柳川清・小林泉  台本/すねいるシナリオ工房
製作/SNAIL AVM-TV PRODUCTION  企画・制作・著作/すねいる教材研究社


  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス